北海道ホテル【公式サイト】スマートフォン版

北海道ホテルの公式スマートフォンサイト。

アクセス
スマホメニュー

  1. home
  2. レストラン

Concept

多彩な食事処で至福の時を

北海道ホテルには、和洋の料理を提供する2つのメーンレストラン(バード・ウォツチ・カフェ、和食 六郎)を中心に、鉄板焼きや天ぷら、すしのカウンター席を用意しています。季節感あふれる中庭を眺めながらの食事は至福のひととき。食事の後には世界の銘酒をそろえたバーで、落ち着いた時間を過ごしていただけます。

Restaurant Guideレストランガイド

  • 写真タイトル

    光が差し込むダイニングバード・ウォッチ・カフェ

  • 写真タイトル

    閑寂な空間で世界の銘酒をバー ベア

  • 写真タイトル

    地場の素材を和の技法で和食 六郎

  • 写真タイトル

    眼前でシェフの技を楽しむ鉄板焼き コタン

  • 写真タイトル

    豊かな海の幸を堪能する鮨処 春日(かすが)

  • 写真タイトル

    自然が織り成す安らぎの空間ダイヤモンドダスト

  • 写真タイトル

    新鮮な食材を揚げたてに天ぷら 鶴来(つるぎ)

Menu of this Month

今月のメニュー

北海道ホテルがおすすめする旬の食材で季節感のあるメニューをご提供します。

旬の食材と四季を感じられるお庭を見ながら、
北海道ホテルのレストランで思い出のひと時をお過ごしください。

称号持つ洋の料理人 工藤一幸

北海道ホテルの洋食を担うのは、総料理長を務める工藤一幸。国内フランス料理界の権威として知られる日本エスコフィエ協会からディシプル(正会員)の称号を得ており、北海道でも指折りの料理人です。

北海道ホテルの大きな役割の一つは、地場食材の良さを十勝の外へ発信していくこと。そのため、地場食材を使い続けるとともに生産者とのコミュニケーションを深めていきます。

和の技法で研鑽積む 勝木 剛

北海道ホテルの和食で采配を振るう勝木剛は、東京、京都の日本料理店で修行を重ね、和食の調理技法に磨きを掛けてきました。会食の伝統に則りながら、新しい料理にも挑戦を続け、北海道を代表する和食料理人の1人に数えられています。

和食の基本は、うま味、甘み、酸味、塩味、苦味、香りなど味のバランスを保つこと。四季折々の食材を使いながら季節感を大事にするとともに、ヘルシー志向がモットーです。

シニアソムリエ 吉野祐一

月替わりに提供しているシニアソムリエによるワインセレクトはワインの楽しみ方を多くの方に提供しています。

地下に貯蔵しているワインは世界中から選りすぐった約2,000本。お客様のご要望に応え料理のおいしさを引き立てる1本をご提供します。店内の雰囲気づくりも添えて。

Break Fast

朝食のご案内

1日の始まりを爽やかにお過ごし頂けるよう、北海道ホテルでは中庭に面したレストランで十勝産・道産の素材を取り入れた、洋定食・和定食のご朝食を用意致しております。お飲み物も各種楽しんで頂き、ごゆっくりとおくつろぎ下さい。